2010年04月08日

平沼新党の党名は「たちあがれ日本」(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らが10日に結成する新党の党名が「たちあがれ日本」となる見通しであることが7日、わかった。新党結成に参画する議員の1人が同日、明らかにした。

 党名については、夏の参院選の比例代表に候補者を擁立することを踏まえ、ひらがなを使ったわかりやすい名称を検討、新党結成にかかわっている石原慎太郎東京都知事も参加していた。

【関連記事】
平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」
“シルバー新党”早くも暗雲 政策で深いミゾ、健康不安も
中山恭子氏、新党入りは「考えたことがない」
亀井氏 平沼・与謝野新党に「政策逆の2人が組んでキョトン」
確かな理念欠けば新党も危うし 「ブーム」としての空しさ

教頭が大麻「自分で吸うため」自宅に所持し逮捕(スポーツ報知)
屋内での喫煙規制スタート=「受動」防止条例を施行−神奈川(時事通信)
平沼氏 鳩山元総務相の新党入りに否定的見方示す(産経新聞)
<雑記帳>「国内初のクレーター」公式認定めざし論文(毎日新聞)
邦人死刑執行、さらに3人=中国政府が通告(時事通信)
posted by ハセガワ トシ at 01:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

<威力業務妨害容疑>私立中に爆破予告メール 21歳男逮捕(毎日新聞)

 さいたま市内の私立中学校に「爆破します」などとメールを送ったとして埼玉県警浦和署は31日、川口市芝富士2、無職、石井朝晃容疑者(21)を威力業務妨害容疑で逮捕した。同校の教諭が31日午後5時半ごろにメール140通が来ていることに気づき、職員と同署員で学校内と周辺を確認したが爆破物などは確認されなかった。

 容疑は24日午後2時半から午後7時半ごろまでの間に、同校のホームページに携帯電話から計140回「爆破します」「教員、生徒全員殺します」などと送信し、業務を妨害したとしている。容疑を認めているという。

 副校長は「卒業生ではなく、思い当たる動機はない」と話している。【西田真季子】

【関連ニュース】
脅迫文投げ込み:トイレなどに9回 容疑の大学院生逮捕
懲戒処分:成人式妨害の自衛官を停職 依願退職へ /長崎
佐世保市成人式妨害:「大人は責任が伴う」 告訴で市長が見解 /長崎
弘前の百貨店爆破予告:被告に有罪判決--地裁支部 /青森
京大病院爆発騒ぎ:元患者の男逮捕へ−−府警

<クラゲ展示>ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)
阿久根市給与支払い拒否、地検が告発状を受理(読売新聞)
納豆菌使った水浄化、丸紅が海外売り込みへ(読売新聞)
パチスロ「エヴァ」開発会社起訴=1億円余脱税−横浜地検(時事通信)
東京都議会、築地移転予算案など可決(産経新聞)
posted by ハセガワ トシ at 12:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

迷い犬 殺処分5時間前に飼い主 高1のメールが救う(毎日新聞)

 山口県下関市の私立早鞆(はやとも)高校1年、冨田由実さん(16)が先月、車にはねられた犬を見つけた。犬には首輪があり、右の前脚を骨折していた。市の動物愛護管理センターに引き取られたが、飼い主が現れなければ殺処分になる運命。「何とか助けたい」。冨田さんは友人の手も借りてメールやチラシを配り、飼い主を捜した。飼い主が見つかったのは、殺処分のわずか5時間前だった。

【関連記事】犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷

 この犬は市内の女性が飼う雑種の「アイ」(3歳、雌)。2月27日夕、下関市幡生町の知人の家に遊びに行った冨田さんが、路上でけがをして鳴いているアイを見つけた。ひき逃げされたとみられる。動物愛護管理センターが犬を引き取りに来たが「飼い主や里親が現れなければ、約2週間後には殺処分される」と耳にした。

 あまりに無情な「宣告」。数日間、気の重い日が続いた。「なぜ人間は、ひき逃げなんてできるん。ひかれた犬をさらに殺すなんてできるん」。級友に思いをぶつけた。

 「ひいたのも人間。それなら助けることもできるんじゃない?」。冨田さんの思いに共鳴した級友らが次第に集まり、アイの飼い主捜しが始まった。

 「知っている人、『コメ』(返事)ください」。飼い主を捜すメールが、友人から友人へどんどん広がった。アイの写真を載せたチラシも100枚作り、骨折の治療費も募った。チラシを目にした市内の女性が「うちの犬では」とセンターに名乗り出たのは、タイムリミットの3月13日だった。

 飼い主の女性は「アイがいなくなって夜も眠れなかった。本当に感謝しています」と語っている。

 下関市では年間約400頭の犬が殺処分されている。センターは飼い主が見つからない犬や猫をホームページで公開し、譲渡会も開いているが、それでも殺処分は後を絶たないのが現実だ。「アイは助かったけれど、毎日多くの犬や猫が殺処分されると思うとつらい」と冨田さん。今度は、センターの里親捜し事業を紹介するチラシを作ろうと、友人たちと話し合っている。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
【関連特集】犬が教えてくれたこと
<しっぽの気持ち>人と犬の間の深い絆=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>ボランティアがつなぐ命=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>私にできることは=渡辺眞子
<しっぽの気持ち>ガス室の不条理=渡辺眞子

ビルの看板外れかけ、はしご車出動 大阪・四つ橋筋で一部通行止めに(産経新聞)
中国の死刑執行通告で首相「大変残念だ」(読売新聞)
公的年金、資産構成変更せず=次期運用計画を認可−厚労省(時事通信)
最低賃金引き上げへ事業所調査=低水準16道県で−政府(時事通信)
元臨時工拘束も中国各紙口ふさぐ「毒ギョーザ事件」報道規制(スポーツ報知)
posted by ハセガワ トシ at 02:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。