2010年05月13日

口蹄疫で処分6万匹超…東国原知事、農水相に支援拡充要請(産経新聞)

 宮崎県で家畜感染症の口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、赤松広隆農林水産相は10日、宮崎県庁で東国原英夫知事と会談した。知事は防疫のために必要な獣医師らの人員確保や、被害農家に対する国の支援拡充などを要請した。

 農水相は「協力できることはすべてやっていきたい」と強調。ただ、農家への支援拡充については「どういうやり方があるのか検討させてほしい」と述べるにとどめた。

 同県では4月下旬からこれまでに、牛や豚の感染疑いが見つかった農家や施設は56カ所に上り、処分対象は6万匹を超えた。国内では過去最悪の被害規模。農相は大型連休中にメキシコやキューバなどを訪れていたため、感染疑いが見つかってから同県訪問は初めて。

 知事は7日、同県を訪れた民主党の小沢一郎幹事長にも、処分される家畜の補償額の引き上げや、発生農家に対する無利子融資制度の創設などを求めた。

【関連記事】
「南九州旅行の自粛を」 口蹄疫で長崎・五島市“勇み足”
「宮崎牛は不使用」張り紙 九州の店、口蹄疫で不適切表示
宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ 農水省、O型ウイルス確認
東国原知事「風評被害回避へ封鎖」宮崎牛の口蹄疫感染
韓国で乳牛の口蹄疫感染を確認
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<カキツバタ>雨に映える紫2万5000株 京都・大田神社(毎日新聞)
加齢黄斑変性症、目の病気との認識は約2割(医療介護CBニュース)
<ジェットスキー事故>3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)
千葉・医療再生の序章(中)―東部の二次医療圏に救命救急センターを(医療介護CBニュース)
法政大高元2教諭を書類送検…修学旅行で体罰(読売新聞)
posted by ハセガワ トシ at 05:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。