2010年02月05日

<氷柱>荒川覆う“冬の芸術” 埼玉・秩父(毎日新聞)

 埼玉県秩父市大滝の三十槌(みそつち)を流れる荒川右岸が大きな氷柱(つらら)群で覆われた。

 あたりは山深い谷。寒さで岸壁からしたたり落ちる水が凍ってできた氷柱は、高さ10メートル以上から3段になり、幅も30メートルを超えた。岸壁に出現した自然がつくる氷の芸術を見ようと訪れる人も多い。

 2月14日までは午後5〜8時(土曜と休日は午後9時まで)の間、ライトアップされ氷柱がブルーに変色し、幻想的な渓谷を演出する。【岡崎博】

【関連ニュース】
氷柱:神秘的光景に感激 光の芸術、小林さん制作−−高山・氷点下の森 /岐阜
大寒:ぽかぽか 1月の観測史上最高、下仁田で気温19.1度 /群馬
蛇渕の滝:つらら出現 30・31日、キャンプ場で「冬籠り」−−みやこ町 /福岡
氷瀑:自然の造形美−−北杜の尾白川渓谷・錦滝 /山梨
赤目四十八滝:凍る、大日滝−−名張 /三重

3割超「義理、なくなって」=女性同士や「逆チョコ」歓迎−バレンタイン調査(時事通信)
横浜市、水道維持へ“技術”販売 節水浸透で収入源模索(産経新聞)
群馬のヘリ墜落事故、原因に「コミュニケーション不足」?(産経新聞)
保険金など2千万着服容疑、元郵便局長逮捕へ(読売新聞)
山崎前副総裁 自民党で活動継続の意向固める(毎日新聞)
posted by ハセガワ トシ at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。