2010年05月20日

インフル定点、2週連続で減少(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、5月3-9日の週は0.08で、前週より0.09ポイント減り、2週連続で減少したことが14日、国立感染症研究所感染症情報センターのまとめで分かった。警報レベルを超えた保健所地域はなく、注意報レベルのみを超えた保健所地域も4週ぶりになかった。

【インフルエンザ定点あたり報告数詳細】


 定点当たり報告数を都道府県別に見ると、佐賀(0.59)が最も多く、次いで山口(0.47)、広島(0.30)、岡山(0.25)、岐阜(0.23)などの順だった=表=。

 インフルエンザウイルスの分離・検出状況を見ると、新型の検出数が減少する一方、A香港型、B型は継続的に報告されている。3月22日-4月25日の5週間に報告された86件では、新型52.3%、A香港型10.5%、B型37.2%だった。


【関連記事】
全国一律の対策に批判相次ぐ―新型インフルの「医療体制」を検証
インフル定点が微減
新型の傾向に変化なし―厚労省が疫学情報を更新
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
妊婦の抗ウイルス薬投与で副反応調査へ―新型インフルで日産婦学会

70歳の有名スリ「三ちゃん」逮捕 70歳「生活保護だけでは…」(産経新聞)
<詐欺未遂>容疑で中学教師逮捕 他人の運転免許証不正使用(毎日新聞)
<口蹄疫>対応強化を指示 首相(毎日新聞)
失業者向け貸付金詐欺容疑、ブラジル人6人逮捕(読売新聞)
JR西 新型車両を公開 尼崎脱線教訓に安全性高め(毎日新聞)
posted by ハセガワ トシ at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。