2010年03月31日

普天間移設先、米・沖縄県に2案を正式伝達(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で、政府は26日朝、米側と沖縄県のそれぞれに対し、同県名護市にまたがる米軍キャンプ・シュワブ陸上部案と、同県うるま市にある米軍ホワイトビーチ沖の埋め立て案の2案に県外への訓練移転を組み合わせる移設案を正式に伝えた。

 岡田外相がルース駐日米大使と、北沢防衛相が同県の仲井真弘多知事とそれぞれ会談。この中で、防衛相は政府案について、普天間飛行場の機能と訓練を「徐々に分散移転」することを目指すものである、と説明した。

 外相は、都内の外務省飯倉公館でルース大使と約50分間会談した。内容について、外相はこの後午前の衆院外務委員会で、「大使に検討の途上にある現状を説明した」と述べた。

 一方、大使は会談について異例の声明を発表。日本政府案について「米国政府はこれから慎重に検討する。日米両政府は同盟国として引き続き協力してこの問題の解決を図る」と説明し、検討は行う方針を示した。

 ただ、大使は25日に大使公邸で長島昭久防衛政務官と会談した際、「鳩山政権を傷つけたくない。でも、米国の立場も固まっている」と述べており、日米交渉の難航は必至だ。

 一方、防衛相は、沖縄県庁で仲井真知事と約30分会談。政府の移設案の概要説明に対し、知事は「沖縄は県外移設一色で、4月には県民大会も開かれようとしている。そうした温度差を政府に伝えてほしい」と求めた。

 防衛相は「我々は(訓練の)分散ということで色々な案を考えている。米側とすりあわせながら、結果として沖縄の負担が減る案を作り上げたい」と説明。さらに、日米が2006年に合意した現行の名護市辺野古への移設案については「極めてゼロに近くなったと理解してもらっていい」と述べた。

 防衛相は会談後、記者団に「各党や政府が考えているオプションを整理し、米側と協議する中で、軍事的に整合性のあるものをいくつか残してから基本的な案を作る」と語った。

<広島市>議会が五輪関連予算全額削除の修正案可決(毎日新聞)
<あま市>七宝、美和、甚目寺3町が合併で誕生 愛知(毎日新聞)
汚職行為で起訴の弁護士脱税=1億3000万円所得隠し−名古屋国税局が告発(時事通信)
水俣病訴訟 午後に和解合意(産経新聞)
子ども手当法案、26日成立=参院厚労委で可決(時事通信)
posted by ハセガワ トシ at 15:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

<文楽列車>奈良へ 平城遷都記念(毎日新聞)

 文楽人形と一緒に列車に乗る「文楽列車」が27日、近鉄奈良線で運行された。大阪難波駅を出発し、近鉄奈良駅到着までの間、車内で文楽ファンが人形と一緒に記念撮影をするなどして楽しんだ。

 平城遷都1300年記念として4月3日から25日まで、大阪・国立文楽劇場で奈良を舞台にした名作「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」が上演されるのにちなんで特別に運行。文楽人形遣いの吉田和生さんが「求馬(もとめ)」、桐竹勘十郎さんが「お三輪」の人形をそれぞれ持ち、ファン約200人が乗り込んだ4両の中を練り歩き、つり革に人形の手をかけたりすると、車内は笑いと歓声で沸いた。【大森顕浩】

【関連ニュース】
訃報:吉田玉松さん76歳=元文楽人形遣い
訃報:吉田玉英さん59歳=文楽人形遣い
訃報:吉田玉松さん 76歳=元文楽人形遣い
今週の本棚・新刊:『立川談志と落語の想像力』=平岡正明・著
訃報:吉田玉英さん 59歳=文楽人形遣い

土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
「アメーバピコ」が10日で15万人(産経新聞)
新型インフル向けワクチン234万人分、今月末に期限切れ(産経新聞)
チンパンジーは空気よむ? 仲間の視線に敏感 京大が初解明(産経新聞)
「スーパー特区」検討、枝野氏が橋下知事に表明(読売新聞)
posted by ハセガワ トシ at 17:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

抑止力は米の「核の傘」ではなく「憲法9条」 福島氏が持論展開(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が23日の参院予算委員会で、日本の安全保障について、「最大の抑止力は憲法9条だ」と述べ、米国の核抑止力の有益性を認めない場面があった。

 福島氏は「戦争をしないと定めた憲法9条があって、先輩の政治家は戦争をしなかった。それこそが日本に対して(核を)撃ち込ませてこなかった」と独自の主張を展開した。佐藤正久氏(自民)が「米の核抑止力は日本に必要だ」と答えた鳩山由紀夫首相との違いを追及すると、福島氏は国会審議にもかかわらず、「閣僚としての発言は差し控える」と答弁を拒否。これには野党側が反発し、審議が一時中断した。

 福島氏は結局、「社民党の見解とは違うし、党の見解は変えないが、閣僚の一員としては従う」と説明。社民党党首と閣僚の2つの立場から、苦しい答弁に追い込まれていた。

【関連記事】
福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」
普天間移設 政府案暗礁で首相困惑…打つ手なし
夫婦別姓法案で首相、閣議決定に応じるよう要求 亀井氏明かす
夫婦別姓は家族崩壊をもたらす
福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で
20年後、日本はありますか?

日銀審議委員ら 参院で人事同意(産経新聞)
レンタル期限の神戸のパンダ、中国と交渉大詰め(読売新聞)
両陛下が京都にご到着 国際内分泌学会議のオープニングセレモニーにご出席(産経新聞)
生方氏解任、タイミング悪い=仙谷氏(時事通信)
元五輪メダリストらが橋下知事を表敬訪問(産経新聞)
posted by ハセガワ トシ at 21:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。